鮭

L-カルニチンに含まれるアンチエイジング成分

次々とダイエットやアンチエイジングに有効な成分が発見され、研究開発が進み実用化されています。
そんな中でも特に注目が集まっている成分があります。
それがL-カルニチンです。

L-カルニチンのことはどのくらい知っているでしょうか?もしかしたら、ダイエットに興味がある人なら、とてもよく知っているのではないかと思います。
L-カルニチンは、脂肪組織から脂肪酸を取り出してエネルギーにする作用のある成分です。
そのため、体内にたくさんあると、運動能力も向上し、激しい運動で疲れた筋肉も回復しやすくなるというわけです。

逆にL-カルニチンが少なくなるとどうなるでしょうか?慢性的に疲れが溜まっている状態になります。
さらに脂肪がエネルギーに変わりにくくなっていますので、太ってしまう恐れがあります。
つまり、もともとL-カルニチンは、ダイエットに有効な成分として知られていたわけです。

健康食品などでは、食事を少しセーブし、適度な運動をすれば、体重を減らすことができ、さらにはコレステロール値や血糖値を下げ、血圧も正常値に戻す働きがあります。
これだけを見ても相当な効果があり、アンチエイジングも期待できるものです。
ただ、L-カルニチンは、欠乏すると疲労と倦怠感をもたらす全身性の病気「カルニチン欠乏症」というものになってしまいます。

これは認知症の原因だとも言われています。
認知症はアルツハイマーなどに代表されるように、老化の一つの症状ともいえるものです。
そのため、ダイエットに効くとされるL-カルニチンを摂取することで、同時に認知症をも予防することができます。

記憶力や学習能力を高めることも、アンチエイジングには必要なことです。
体ももちろんですが、脳の働きに対してもアンチエイジング効果を求めるなら、L-カルニチンの配合された健康食品を摂取するといいでしょう。
頭の働きもよくすることができれば、いつまでも若い状態http://xn--cckel7a1bzc8ve5072j93o.com/でいられるわけです。
L-カルニチンの素晴らしい効果に期待しましょう。

こちらで紹介されている乳酸菌もダイエットやアンチエイジングに良い成分として昔から人気があります。
健康や美容をサポートしてくれる乳酸菌、是非いかがですか。



Copyright(C) 2013 肌の美容のために欠かせない All Rights Reserved.