鮭

秋の味覚の柿とアンチエイジング効果

秋を感じることができる食べ物の一つに「柿」があります。
他の季節で食べることも少なく、暑い夏が終わりを告げ、朝晩涼しくなってくると、あの秋の果物が登場してきます。
秋に食べる食べ物といえば、松茸や栗、さんまなどもありますが、その中でも柿はオレンジ色をしていて、食べる時期も限定されている旬の果物として人気があります。

さらに美肌や美白効果もあり、アンチエイジングにもいいということなら、積極的に食べるべきです。
毎年、おいしいといって食べる柿ですが、そのアンチエイジング効果についてもう一度見直してみましょう。
柿に含まれる栄養素で体にいいとされるものは、ビタミンCです。

ビタミンCは美白成分としてもよく取り上げられ、化粧品にもよく使われています。
そのビタミンCもレモンよりも多量に含まれているということで、秋だけしか食べることができないことが本当にもったいないくらいです。
そのビタミンCですが、一日に1個食べるだけで、一日に必要なビタミンの摂取量を摂ることができます。

これだけのビタミンCの量であれば、シミを減らす作用も十分働き、さらには、肌のたるみやシワもしっかりと予防してくれる優れた効果があります。
その理由は、ビタミンCの効果には、メラニン色素をを薄くし、さらにメラニン生成を抑制するからです。
ダブルの効果でアンチエイジングにも、最適の果物だといえるでしょう。

それに加えてコラーゲンやエラスチンの生成する細胞の働きをも促進させる効果もあります。
こうして柿を食べるだけで、肌の状態もかなり改善するというわけです。
柿にはポリフェノールも含まれています。

このポリフェノールには、抗酸化作用があります。
抗酸化作用は、アンチエイジングには欠かせないもので、この働きにより体内で増えすぎた老化の原因、活性酸素を取り除いてくれます。
柿に含まれているポリフェノールも、相当多いためこちらも柿を食べるだけで抜群の効果があるものと思ってください。


Copyright(C) 2013 肌の美容のために欠かせない All Rights Reserved.