鮭

日本酒のアンチエイジング効果

日本酒を飲めばアンチエイジング効果があるなんて、そんな意外な効果を知ってしまうと、お酒が好きな人は毎日でも飲んでしまうことでしょう。
実際には飲みすぎない程度であれば、日本酒を飲むことは体にとってもとてもいいものです。
コミュニケーションの手段としても日本酒を飲むことがありますが、お酒がおいしいと話もはずみますし、仲良くなれて本音で話をすることができます。

日本酒には、こうした心理的な効果があると同時に日本で生まれたとてもおいしいお酒として、男性にも女性にも大変人気があります。
日本酒のアンチエイジング効果というといったいどういう点にあるのでしょうか?日本酒は、「百薬の長」とも呼ばれています。
薬の効果としても大変期待できるものです。

そこに含まれる成分に、コウジ酸というものがあります。
コウジ酸は、細胞を活性化させる働きがあり、アンチエイジングにはぴったりです。
コウジ酸に加えて、アデノシンという成分も大切です。

こちらは、血管が収縮するのを防ぐことができます。
血管の流れがいいと、冷え性にもよいとされ、寒い冬の時期でも無理のない程度にお酒を飲むと、程よい効果が得られるものと考えてください。
飲むだけではなく、体に直接塗ることも考えると、用途がさらに広がります。

例えば、お風呂のお湯に混ぜることもできます。
こうすることで、肌に直接お酒の成分が触れることになります。
その成分の一つコウジ酸が美肌や保湿効果を促進します。

さらに血行がよくなるので、肩こりも解消します。
同時にマッサージをするとさらによくなるでしょう。
飲むこと、塗ることいずれにしても、効き目は抜群です。

日本酒を適度に飲んでいる人は、血圧も安定していますし、生活習慣病を予防することもできます。
よく飲むという人は、1日1〜2合程度に抑えておくほうがいいでしょう。
もう少し飲みたいと思っても、少し我慢することでより健康になることができ、アンチエイジングにも効き目があるということです。


Copyright(C) 2013 肌の美容のために欠かせない All Rights Reserved.