鮭

タウリンに含まれるアンチエイジング成分

健康や美容にいいとされる成分のうち、貝類に含まれている成分にもアンチエイジング効果の期待できるものがあります。
その一つにタウリンがあります。
貝類は毎日の食卓では、どのくらい食べることがあるでしょうか?2、3日に一回というような人は、海や湖の近くに住んでいる人か、貝を使った料理が好きな人でしょう。

貝そのものは、それほど大きな食材ではありません。
牡蠣などの少し大きめの貝類もありますが、こうした食材は旬の時期に食べたり、そのまま食べることもあり大変おいしいものです。
アンチエイジング効果でいうと、ビタミンB2やビタミンEを多く含んでいて、肌荒れを防いだり、老化やがんも防ぐことができます。

これだけでもアンチエイジングにとっては、大変優れた効果がありますが、さらにタウリンも貝類に多く含まれています。
タウリンの効能・効果というと、血管の老化を防止することです。
血管は歳とともに少しずつ衰えていきます。

血管の働きは重要です。
末端の血管まできとんと働いていないと、体の各部分に悪い影響を与えます。
肌荒れが起こることや、肩こり、便秘などいろいろなところに悪い症状が出てしまいます。

そんなときにタウリンを摂取すると体全体にその成分が行き渡り、血管の流れをよくすることができます。
タウリンがたくさん含まれた栄養ドリンクがあるのを知っているでしょうか?貝類を使った料理をいつも食べることができないなら、タウリンをたくさん含んだ栄養ドリンクを飲むようにしてください。
しかし、お吸い物としてよく出されているシジミやアサリなどは、身を食べてもお汁を飲んでもタウリンをはじめ、他の栄養素も吸収することができます。
貝料理は季節に応じた品々も多く、おいしい食べ物もたくさんあります。
毎日食べなくても、料理として出てきたときには、しっかりと食べるようにすると、アンチエイジングに効果のあるタウリンも必要な量だけ摂取することができるでしょう。

Copyright(C) 2013 肌の美容のために欠かせない All Rights Reserved.